WATARUKAZE

2019年9月、イギリスの世界遺産・ストーンヘンジ訪問
2019年9月、イギリスの世界遺産・ストーンヘンジ訪問

風 を 感 じ て、風 を お く る

 

  こころを踊らせるダンス、心身を広々とさせるヨーガ。

呼吸~生命の風~を感じながら、一緒に楽しんでみませんか?


 * * * * * * * * * * * * * *


        

      ポール・エリュアール

 

魚たちも 泳ぎ手たちも 船も

水のかたちを変える。

水はやさしくて 動かない

触れてくるもののためにしか。

 

魚は進む

手袋の中の指のように。    

泳ぎ手はゆっくりと踊る

そして帆は 息をつく。

 

だが やさしい水は 動くのだ

触れてくるもののためになら。

 

魚のため 泳ぎ手のため 船のため。

水はそれらを支えてやり

そしてそれらを押し流す。

 

                     (安藤元雄訳・「詩のささげもの」宗 左近 著・新潮社 より)

 

フランスの詩人、ポール・エリュアールの詩です。

<だが やさしい水は 動くのだ 触れてくるもののためになら。>

「触れる」とはー 

互いに楽しめるように、朗らかに、愛情をもって接することのように思います。

身心も、愛情をもって動かし、気持ちを向けて「触れて」ゆくことで、変わってきます。

踊ることでも、どうしたら空間に一体感を生み出せるのか、関わり方が とても大事です。

 

ダンスとヨーガで、世界をもっと美しく元気に…。

 

動き出すために、触れてゆく努力を続けます。

 

  

< これから の ヨ ー ガ 教 室

( 12月7日~12月14日 )

 

 12月7日(土)・7時~粕川教室 ・10時~西片貝教室

12月10日(火)・19時~西片貝教室

12月11日(水)・10時~/19時30分~粕川教室

12月14日(土)・7時~粕川教室・10時~西片貝教室

 

 

〈 ダ ン ス 稽 古 会 〉

 

 12月14・28日(土)・午後2時~粕川教室

 

<創作ダンスひまわり会> 

 

12月4・11・18日(水)・午後1時~桐生市民文化会館・リハーサル室1